概要
DiDi Foodは、配達中(配達リクエストを受けた時点から配達が完了、またはキャンセルするまでの間)に生じた事故に対して、対人・対物賠償責任を負った場合及び、配達パートナー自身がお怪我をされた場合の補償制度をご提供します。
  • 本制度に関する事前申し込みや、追加料金のお支払いは必要ありません。
  • 比較情報は2020年4月時点の弊社調べによる情報であり、最新の情報はお客様自身でご確認くださいますようお願いします。
補償内容
対人・対物賠償責任
配達中の事故により、法律上の損害賠償責任を負った場合(第三者を死傷させた、または第三者の物品を壊した場合)に補償を行います。ご自身で加入されている任意保険がある場合は、そちらを優先させて頂きます
DiDi Food
大手A社
補償金額
自己負担金
配達パートナー自身の傷害に対する補償
配達中の事故による配達パートナー自身の傷害等に対して所定の見舞金をお支払いいたします。詳細は当社の傷害見舞金等支給規定をご確認ください。
DiDi Food
大手A社
通院費用
手術費用
死亡見舞金
葬式費用
ご家族への見舞金(死亡時)
ご家族への見舞金(後遺障害時)
入院費用
後遺障害等級の確定に要する費用
FAQ
  • Q.
    DiDiフード補償プログラムとは何ですか?
    A.

    DiDiフードでは配達パートナーの皆様に、配達中の事故により事故の相手方を補償する【賠償責任保険】に加え、配達パートナーご自身を補償する【傷害見舞金制度】をDiDiフード補償プログラムとして提供しております。

    DiDiフード補償プログラムは、DiDiフードの裁量と費用によって調達していますが、補償をきちんと受けるためには、配達パートナーご自身におきましても保険加入の責任を有するとともに、道路交通法のルール規制、各都道府県の条例等、関連する法令に遵守する必要があります。

    ※DiDiフード補償プログラムには、示談代行の手配は含まれておりませんので、示談代行の弁護士費用特約等につきましては、ご自身が契約されている保険会社等にご確認ください。

    ※DiDiフード補償プログラムは、DiDiフードの裁量により、所定の条件と制限が修正される可能性があります。

    【賠償責任保険】

    配達中による対人事故または対物事故により、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して保険金をお支払いします。

    ※ご自身で加入されている任意保険がある場合、相手方の任意保険が適用される場合は、そちらを優先させて頂きます。

    【傷害見舞金制度】

    配達中による配達パートナーの皆様が傷害を負った場合に、医療費や入院費などの見舞金を給付します。傷害見舞金支給規定 ←

  • Q.
    DiDiフード補償プログラムが適用される『配達中』とは?
    A.
    配達パートナーが、配達リクエストを受けた時点から配達が完了、またはキャンセルするまでの間を指します。
  • Q.
    傷害見舞金制度に適用されない主だった条件(場合)を教えてください。
    A.

    以下に、傷害見舞金制度に適用されない主だった条件(場合)を記載しております。

    ※詳細につきましては、傷害見舞金支給規定(第5条)をご参照ください。

    適用されない主だった条件(場合)

    • 給付対象者の故意又は重大な過失に起因する場合
    • 給付対象者が法令に定められた運転資格を持たないで、又は道路交通法に定められる酒気帯びた状態での自動車または原動機付自転車運転の場合
    • DiDiフードに登録していない車両での事故
    • 配達パートナーでない方の配達が判明した場合

    ※アカウントを貸してしまい、その方が配達中に事故を起こしてしまった場合は、DiDiフード補償プログラムの対象外であるとともにアカウント停止対象となります。事故相手からの賠償責任もアカウントを貸した方へ請求されますので、決してアカウントの貸し借りはしないで下さい。

  • Q.
    DiDiフード補償プログラムでは、配達パートナー自身の車両(バイク・自転車)保険も提供されますか?
    A.

    DiDiフード補償プログラムでは車両保険は提供されません。

    (配達員のバイク・自転車は補償対象外です。)

    ※車両保険は含まれませんので、車両の修理費などにつきましては、ご自身が契約されている保険会社等にご確認ください。

  • Q.
    事故にあった場合、どうしたらよいですか?
    A.

    万が一、配達中に交通事故に見舞われた場合、まずはご自身を含めた事故関係者が無事かどうか確認し、警察(110番)に連絡、必要に応じて救急車(119番)にも連絡を取ってください。

    事故直後におきましては、事故当事者のみならず事故相手の方にも安全優先と誠実な対応が必要となります。

    【事故発生時対応フロー】

    • 1) ケガ人の救護

      • 救護が最優先です。救護・介抱し、救急車(119番)を手配
    • 2) 安全の確保

      • 二次被害の防止。他の交通の妨げにならないように、自転車・バイクを安全な場所へ移動
    • 3) 警察を呼ぶ

      • 単独の事故でも警察(110番)へ事故届出する。
    • 4) 任意保険会社ならびにDiDiフードカスタマーセンターに問合せ

      • ご自身の任意で加入されている保険会社ならびにDiDiフードカスタマーセンターに事故報告ください。

    【報告先】

    • 配達パートナーご自身で加入されている任意保険会社
    • DiDiフードカスタマーセンター

    ※どのような事情があっても、事故を起こしたら、必ず警察へ届出を行ってください。

  • Q.
    交通事故の場合、事故証明は必要とありますが、自損事故の場合においても事故証明は必要となりますか。
    A.

    DiDiフード補償プログラムを適用するには、たとえ相手方がいない自損事故でも、必ず警察への届出が必要となります。

    ※自損事故で事故証明がない場合、DiDiフード補償プログラムに適用できません。

  • Q.
    治療で、入院・通院した際、領収書の提出は必要ですか。
    A.

    領収書提出の必要はありませんが、病院の診断書が必要となります。

    病院の診断書、事故証明書等の提出書面等に不備等がないと確認された場合は支払されます。

    ※本補償制度は、DiDiフードの裁量により、所定の条件と制限が修正される可能性があります。

  • Q.
    事故を起こしてDiDiフードカスタマーセンターへご連絡する前に病院で治療をしても(事故相手の方も含め)補償を受けることができますか。
    A.

    すぐに補償を受け取ることはできません。

    警察の事故証明等、必要書類を提出され、不備等ないことを確認されたものが補償対象となります。

    ※警察への事故証明書がない場合、補償対象になりませんので、必ず警察への届出を行ってください。

* 本制度は、DiDi Foodが独自の判断により提供するもので、今後内容が変更となる可能性があります。
* 本制度により、DiDi Foodと配達パートナーの間に雇用関係やその見込みを持たせるものではありません。
* DiDi Foodにご登録いただいた以外の車両での配達は絶対に行わないでください(本プログラムによる補償の対象外となります)。